水道法が改正されるとの報道が出ております。平成28年10月26日に発表された厚生科学審議会「水道事業の維持・向上に関する専門委員会」の資料でも水道法を時代に合わせた内容に改めるべきと記されております。ここで多くの方々が注目しているのは、官民連携の推進、特にコンセッション方式の動向ではないでしょうか。今後の動向に注目しつつも、現時点で想定されるコンセッションの効果と留意事項について記したいと存じます。

公営水道サービスの危機

コンセッション制度の創設と水道法の改正

コンセッションを導入すると水道局は無くなるのか

コンセッション導入により期待されるメリット

コンセッション導入により留意すべき課題

カテゴリー : 未分類