(株)ジャパンウォーターの「カトパン」こと 加藤綾子です。

今回は内閣府/厚労省/国交省の各省庁で案件募集されました「平成29年度 経営効率化支援事業」の採択結果についてお知らせいたします。

この「経営効率化支援事業」とは、国や地方公共団体の財政状況が厳しさを増す中で、インフラの老朽化をはじめとする様々な課題を、民間事業者のノウハウを活かし、経営改善を目的として、その成果を図るために創設され、地方公共団体に対し、経営の効率化等に係る業務の調査委託費等を助成し、PPP/PFIの活用等を推進するものです。

内閣府では上下水道一体、厚労省では上水道、国交省では下水道をそれぞれ対象とし、案件を決定しております。以下をご参照ください。

【内閣府決定案件 6件】

【厚労省決定案件 3件】

【国交省決定案件 3件】

詳細は各省庁のホームページよりご確認頂けます。

内閣府HP

厚労省HP

国交省HP