ストラクチャード・ファイナンス(Structured Finance、「仕組み金融」とは、株式や債券などの資金調達手段にとどまらず、取引上の仕組み(Structure)を工夫することで組成される新たな金融商品によって、資金調達者(企業等)と投資家とを仲介する金融技術のことです。
一般に、ストラクチャード・ファイナンスによって、市場リスクや信用リスクなどを効率的にコントロールしたり、移転したりすることができます。

例えば、PFI事業で企業の特定資産の証券化を行う場合、企業のバランスシートからその資産を切り離してSPCに移転することで、当該企業の信用力から独立した「資産そのものの信用力」で評価が可能となり、それについて格付けを取得した場合、企業本来の信用力よりも上位の格付けを得ることも可能となります。
一般にストラクチャード・ファイナンスは、利用する企業にとって、資金調達手段の多様化や効率化、オフバランス化によるバランスシートの圧縮、ROEや自己資本比率の改善など財務面のメリットがあります。