マーケットリスクとは、金利や有価証券等の価格変動や為替等の変動など、市場取引の動向により、保有する資産に損失が発生するリスクのこと。
基本的にマーケットリスクは、そのリスクを受ける資産の分散投資を進めることで、リスクも分散させることができます。
上下水道事業は当該地域の人口に影響を受けますが、マーケットリスクとして直接影響を受けるのは「水量」と言えます。