割引率とは、今後得られる収益や発生する投資・費用等を現在価値に換算するときの割合を指します(一般的には一年単位)。
一般的な企業価値を求めるための割引率としては、WACC(Weighted Average Cost of Capital、加重平均資本コスト)が用いられています。
WACCは、負債の金利や同事業の市場リスク等を勘案して算出されます。