劣後ローンは、返済順位が他の債権より低い、無担保の貸出債権のことをいいます。
これは、借り手(債務者)の企業や金融機関などが経営破綻または解散した際に、元利金の返済が他の債務よりも後になる金銭消費貸借であり、また株式(無議決権優先株)に近い性質があるため、債務者にとっては自己資本に近い性格を持ちます。
普通の債権の支払いが終わった後、資産が残っていれば債務が弁済されるので、一般的にはその分、金利は高く設定されています。