固定費とは売上高、生産量、操業度等の増減に関わらず、一定で発生する原価要素のことを指します。一般的な民間企業では従業員の給料や機械リース料、減価償却費などが固定費に当たります。
水道事業における固定費は水道使用量とは関係なく、水道事業を実施する上で(水道需要の存在に伴い)固定的に必要とされる経費の事を指します。
水道事業においては、資産維持費用(施設の新設や更新の為の資本的支出)、修繕費、受水費用の基本料金、減価償却費、支払利息(企業債等負債)が固定費に分類されます。