抵当権とは、担保物権の一つで、債務者または第三者(物上保証人)が債務の担保に供した物を、担保提供者の使用収益に委ねておき、しかも債務が弁済されない場合にその物の価額から優先的弁済を受けることができる権利をいいます。

抵当権は、質権とともに、契約によって成立する約定担保物権で、競売の売得金から優先的に弁済を受ける権利(優先弁済権)を有する点でも質権と同じといえます。しかし、抵当権は目的物を引き続き設定者の占有にとどめておく点において質権と異なります。公共施設等運営権制度では、「運営権に抵当権を付すことができる」とされています。