運転資本(Working Capital、ワーキング・キャピタル)とは、企業の経営において経常的に必要となる資本のことで、運転資金ともいいます。
運転資本は、以下のように算出されます。

運転資本=流動資産-流動負債=売上債権+棚卸資産-買入債務

運転資本は、ビジネスをまわしていくための資金で、短期に現金化する流動資産と、短期に返済しなければならない流動負債と差額で示されます。
一般には、売上高が増大すれば、その分運転資本も増大する傾向になります。このため、売上が向上したとしても、運転資本も増加すれば資金手当が必要となるため、売上を上げながらも、如何に運転資本を圧縮するのかがファイナンス上重要となります。
このため、資金繰りに行き詰まらないように、売掛金の適切な管理などを行い、売掛債権の増加、棚卸在庫の増加、買入債務の減少を抑制する必要があります。