DCF法とは、Discount Cash Flowの略で、企業の将来の正味キャッシュフローを現在価値に割り戻し、事業投資の収益を比較・検討する方法全般のことを指します。
これがプラスになれば、将来的にキャッシュフローがプラスになることを示す。逆にマイナスだと投資をしても、回収できない可能性が高い。企業評価方法の一つで、NPVProject IRREquity IRR等もDCF法での検討指標の一つとなります。