Equity IRR(Equity Internal Rate of Return、配当利回り)とは、ある事業・企業に投資(出資)した金額の現在価値とその事業・会社の現金収支(キャッシュ)の現在価値の合計とが等しくなるような割引率のこと。この指標はNPV等と同様に事業投資の収益比較のための指標としてよく用いられます。

事業や企業に投資する場合は配当=株主の現金収支となるため、配当性向がどの程度となるかが重要になります。また、似たような指標としてProject IRRがありますが、Equity IRRの場合は投資(出資)額が少なければ少ない程、大きくなるので、プロジェクト・ファイナンス等の借入を増やすことによってEquity IRRを高めることができます。一方、同事業・企業において借入が全く無い場合はProject IRRと同じ値となります。