PVとは、Present Value(現在価値)の略。ある事業における将来得られる現金収支(キャッシュ)を割引率で割り戻すことで、現在ではその事業がどの程度の価値があるか表したものです。
一般には、企業の現金収支(キャッシュ)から企業価値を算出する等に用いられています。

水道事業に関しては内閣府が公表している「公共施設等運営権及び公共施設等運営事業に関するガイドライン」では、運営権対価の算出方法の例として「運営権者が将来得られるであろうと見込む事業収入から事業の実施に要する支出を控除したものを現在価値に割り戻したもの」が挙げられています。