市場化テストとは、内閣府設置法として平成18年5月26日に施行された「競争の導入による公共サービスの改革に関する法律」の略称で、公共サービス改革法とも呼ばれています。

これまで公共団体等のみが運営してきた公共サービスを、民間事業者を含め対等な立場で競争入札を行い、価格と質の両面で最も優れた者が業務を落札する官民競争入札制度のことで、コスト削減を主目的とする手法です。