DBOとは、Design Build and Operateの略で、民間事業者が対象施設の設計(Design)と建設(Build)及び運営(Operate)を一括して行う方式で、一般に既存施設の改築更新整備を行う場合に適用されます。
通常の公共工事発注は、設計と建設は分離発注され、工事完了後に管理運営を発注しますが、こうした発注を分離せず、一括して一者に発注する方式です。

PFIに類似する方式ですが、対象資産の所有権は公共団体等が保持したまま(所有権の譲渡は生じない)であること、整備資金は民間ではなく公共団体等が調達することがPFIとは異なります。
また、民間事業者が資金調達を行うのに比べ、金利の安い起債等を活用できるためコストを抑えることができる一方、金融機関によるモニタリングが働きづらい点もPFIとは異なります。

事業会社の報酬は設計・整備工事費と運営費に区分され、設計・整備工事費は一般的な公共工事と同じように、工事年度の施工率又は整備工事完成後に支払われ、運営費はサービス購入型(下記イメージ図参照)で、サービス購入料は事業期間を通じて概ね平準化されて支払われるのが一般的です。