アライアンス契約とは、企業等が共同で事業を行うことであり、各当事者が資金、技術、人材等を出し合って、既存事業の拡大や新規事業の立上げ等を目指すための契約のことです。

「アライアンス(Alliance)」本来の意味は、「同盟」、「連合」等で、多くは会社間の「業務提携」、「資本提携」を指します。業務提携といった場合、複数の企業が技術活動や販売営業活動において協力し、お互いの利益に繋げることを言います。企業間で同じような事業の役割分担
や共同作業を行うことで、コストの削減が期待できます。

一方の資本提携は、企業間で互いの株を経営支配権が発生しない程度の割合を持ち、資本金を注入することを言います。