PIとは、Performance Indicator(パフォーマンス・インディケータ)の略で、一般に「性能指標」と呼ばれています。
民間が契約上履行しなければならないサービス水準を、具体的に測定可能な項目・数値に置き換えたもので、減額ペナルティの算定や、契約解除・業務委託先会社交代要請等の対応措置等に用いられます。

PI の定期的な測定により、サービスの品質の良否について、時系列的なトレンドを把握することが可能で、サービス悪化の兆候が明らかとなった場合は、是正計画の作成に向けた官民の対話の発動等に活用されます。
日本の水道事業では、PIは業務指標と呼ばれ、水道事業ガイドラインに基づく業務指標として、サービスの向上と業務について定量的に数値化し評価することを目的とした、日本水道協会規格の「水道事業ガイドライン JWWA Q 100(平成17年1月制定、平成28年3月改正)」があります。

参照:日本水道協会「水道事業ガイドラインに基づき公表された業務指標(PI)について(2018.2.23)