SPCとは、Special Purpose Company(特別目的会社)の略で、SPVのうち法人格を有するものの総称を指します。
SPVは金融機関や事業会社が保有する資産の分離や資金調達のために設立する限定された目的の為だけの器の総称です。

そのため、SPV、SPC自体が事業を行って営利追求することはせず、資産を保有する器として機能します。
また、1998年に施行された「資産の流動化に関する法律」によって、特定目的会社(Specific Purpose Company、同様にSPCと略す)の設立が可能となりましたが、特定目的会社も特別目的会社の一種となります。

特定目的会社では資産の流動化(企業が保有する資産の持つ信用力や収益(主にキャッシュフロー)を基に資金調達を行う手法)を目的とした会社で、PFI事業等では、特定目的会社を設立する事で、同事業で得られる収益を担保にプロジェクト・ファイナンスによる資金調達が可能となります。