SPVとは、Special Purpose Vehicleの略で、証券化(広義)やプロジェクト・ファイナンスにおいて、信託や特定目的(Special Purpose)会社等のように自らの資金の投資などの目的を有することなく、単に投資家からの資金調達や資産の小口化のための、道具立てあるいは器(Vehicle)の総称のことです。

SPVは単なる資金調達のための器でしかないため、譲受資産から得られる収益から調達金利や必要なコスト等を差し引いて残った利益に対して課税されずに、投資家あるいは資産原所有者(オリジネータ)へ還元する必要があります。

具体的には、常に純利益を“0”とする、もしくは初年度に大幅な欠損金を計上し、それ以降の期においてはその欠損金を利益で徐々に埋めていくような計画を構築することで可能とします。
なお、SPVのうち、法人格を有するものはSPCと呼ばれ、ペーパーカンパニーの一種と見なされることもあります。