三菱商事株式会社

三菱商事はこれまで10年以上にわたり、上下水道施設の建設から運転管理、海水淡水化や再利用水・再生水などを含めた、さまざまな水事業を展開してきました。1997年、フィリピンのマニラウォーターへの参画を通じて水事業をスタート。以来、2000年の株式会社ジャパンウォーター設立、2010年の水ing株式会社(旧荏原エンジニアリングサービス)、TRILITY Pty Ltd(旧United Utilities Australia)への資本参加など、国内外での幅広い取り組みを通じて、豊富な実績とノウハウを積み重ねています。三菱商事は、あらゆる水事業を世界規模で展開する水の総合事業会社として、水資源の確保から水供給・再利用まで水の循環プロセス全体をマネジメントし、世界が直面する水問題の解決に貢献しています。

株式会社ウォーターエージェンシー

ウォーターエージェンシーは、上下水道施設の運営管理の受託事業を遂行するにあたって、「人・街・暮らしのために水をマネジメントするエージェントとして、すべての人が安全な生活を営むために水を守り続けます」という決意を表しています。ウォーターエージェンシーは、より安全で効率的な上下水道事業運営のために、政策の提案から運営、検証にいたるまでのトータルマネジメントを提供する「水マネジメント企業」として、より一層の貢献に努めてまいります。